ブログ記事

ANGELIC UPSTARTS イングランドの熟成ボイス

2012-01-17 15:41
添付画像1

日曜の夜に十三ファンダンゴへ「コックニーコックス」を観戦してきました~

昨年の復活から何故か自分のスケジュールと都合が合わず、昨年はとうとう観れずに終わり、復活後にようやくライブ体験しました。懐かしいナンバーの連続に気がついたら最前列で楽しませていただきました。学生時代から一緒に長いことバカなことイロイロやってた旧友たちとの久しぶりの再会。。楽しかったです!が。。すいません、客観的感想は無理です。

この夜に数人の人達に「行かへんの?エンジェリック?東京公演良かったらしいで~」の言葉が引っかかり。。行川氏の熱きブログを拝見してさらに気になり。。YOUTUBEで最近のライブ模様をチェックしたら。。行かずに後悔はアカン。。ってことで昨晩は「ANGELIC UPSTARTS」大阪公演に参戦してきました~

サポートバンドは「PROUD HAMMERS」。ボーカル番長のこの日の意気込み&強い思いがビンビン伝わる熱い演奏でした。サイコ刈り&ホラーなペイントを施したウッドベースを弾きまくりのベース。紅一点のギター。心底コレが好きなんだな~が伝わってくるボーカル。音楽的にもルックス的にも(コレ個人的には応援するには絶対必要な要素)好い感じで、大いにこれから応援したくなりました。

添付画像1


そして、奴らが登場~。バックの演奏&バックコーラスがすごいしっかりと主役メンシのボーカルを支えます。前半のほぼ曲間の休憩無しのテンションの高いステージングは本当に久しぶりのミラクルでした。アクセントの強い声で浪花節な友愛の情念を込めた歌。30年以上の熟成を経たキツイ酒を呑まされた感覚です。。

観客も年齢層が高めってことでイベント開始から2時間以上経ち、皆の飲酒量も多くて酔い?感じ。。
奴らも多分、早い時間から飲んでいるのでしょう。中盤からはちょっと曲間の休憩が目立ちはじめて。。コミカルなご愛嬌もお客さんとの一体感を生んでました。

アップテンポな曲はモチロンでしたが、「SOLIDARITY」「ENGLAND」などのスローな曲がズッシリきたお客さんも多かったと思います。

たっぷりと1時間半ぐらいのステージに皆さん堪能でき、満腹ライブだったと思います。

残念なのは来場者数が想像以上に少なかったこと。。
東京のライブは来場者数しっかり多いので、大阪は残念です。こんな感じでは見たいバンドが来日してくれても、東京公演だけ。。が、ますます増えていきそうで心配です。。。

今月27日には難波ハッチで「ザ・ダムド」の35周年記念来日ライブがあります。是非とも皆で足を運んで盛り上げましょう~!

添付画像1

一覧を表示する


この記事に対するコメント

プロフィール

お名前:astro1


最近の記事

ともだち